梅澤(テックスタッフ) のすべての投稿

IMハワイ 1日目(現地10月10日)

Aloha‼︎ テックスタッフの梅澤です。

ついに到着しましたIMハワイ世界選手権‼️
ハワイ島コナの街は、世界中の予選大会で上位の成績を残した強豪選手で溢れかえってます。

私はレガシープログラムの抽選で参加権を獲得した立場ではありますが、熱意なら負けませんよ!と、まぁテンション上がりっ放しですが、雑誌でしか見たことがない景色や単語が、目の前にあったら、興奮しますよね⁉️IMG_3277
IMG_3272

IMG_3273

IMG_3270
1日目の今日は選手登録とレガシープログラム対象者のパーティーに参加しました。

きらきらラメ入りのアスリートバンドやら、過去の大会のフィニッシャーメダル&Tシャツが飾ってあったりと、やっぱり世界選手権は特別だなぁと実感します。

パーティーでは、6回の世界王者デイブ スコットさんやマーク アレンさん、ポーラ ニュービーフレーザーさんがスピーチをしていました。
IMG_3265

FullSizeRender

IMG_3323

IMG_3324

IMG_3321

IMG_3325

IMG_3327

IMG_3329
IMG_3335

IMG_3339
IMG_3341
もう、初日から興奮しっぱなしです
明日は、本番コース「クイーンK ハイウェイ」を試走してきます。

それでは、Alohaーっ

IMハワイ世界選手権へ行ってきます!!

みなさん、こんにちわ
テックスタッフの梅澤です。

 4月にIMハワイの参加が決まってから半年・・・。ついに、ついに出発の日(10月10日)を迎えることになりました。トライアスロン界で一番大きな大会、全てのトライアスリートの憧れと言っても過言ではない「IMハワイ世界選手権」に行ってまいりますっv( ̄∇ ̄)v

今週末の土曜日10月13日(日本時間14日)に開催されるIMハワイですが、なんと今年は40周年記念大会となっています自分にとっても節目の15回目のアイアンマン挑戦と重なり、そんな記念大会に参加できることを嬉しく思い、全力でこの大会を楽しんできます。

人生において、最初で最後(かもしれない)大会になるであろうIMハワイで満足のいくレースをしたいと思います。やれるだけのことはやったと思います(特にバイク)。今年の練習の成果が出せるといいなぁと思っていますが、とにかく完走を目指し、「You are an IRONMAN」のコールを受けてフィニッシュラインを越えられるようがんばります!!

ちなみに、ハワイの時差は-19時間です。簡単な計算方法として、「(日本時間+5時間)-1日」でハワイの時間が分かります。 

----以下、レース概要----
開催日:10月13日 午前7時(日本時間14日 午前2時)
制限時間:17時間(14日午後7時 終了)
場所:ハワイ島 カイルア-コナ

公式サイト(英語)

ライブ カバー
BIBナンバー:1870

IRONMAN TRACKER」というアプリでもリアルタイムでチェックすることが出来ますので、ぜひダウンロードしてみてください。フェイスブックやツイッターでもチェックすることができますので、熱い応援よろしくお願いします!!

 

「第32回ハスカップトライアスロン in 勇払」に参加しました!! 

こんにちは、テックスタッフの梅澤です。

7月29日に開催されました「第32回ハスカップ トライアスロン」に参加してきました。
自分にとって、今シーズンの初戦でしたが、10月のIMハワイ、12月のIM西オーストラリアを見越してのレースをしようと心がけて臨んだレースでした。

ハスカップ受付
ハスカップ パンフ

選手登録は前日に行われます。このときに、パンフレットやレースで使うゼッケンシールやタイミングチップなどを受け取ります。

そして翌日7月29日にレースが始まります。バイクをラックの指定の場所にかけ、シューズやヘルメットなどをセットして、レースの準備をします。
ハスカップ レース

【スイム1.5km 00:29:54】
 スイムのスタートは年齢別のウェーブ制になり、私は第1ウェーブからのスタートになりました。1周500mの三角形のコースを3周するレイアウトです。スタートして200mぐらいまではずっとバトルの中にいて、途中で呼吸が苦しくなって何度も止まって呼吸が落ち着くのを待って再スタートする、ということの繰り返しでした。
 第2ブイを回ったあたりから集団がばらけ始めて、落ち着いて呼吸することもでき、自分のペースを取り戻すことが出来ました。
あとは、落ち着いて残りの周回をこなして、「とりあえずスイムを終えた」という感じでのスイムアップでした。

【バイク40km 01:06:34】
 今年のトライアスロン練習で1番力を入れていたのがバイクでした。昨年のIM西オーストラリアでの反省から、今年の年明けより、固定ローラーでの練習に特に力を入れて練習してきました。実走での平均スピードが上がっていたことで、その効果を実感していました。
 目標タイムを「01:05:00(平均37km/h)」に設定して、バイクはガンガン飛ばしていくプランでした。コースは完全フラットで、当日は風も弱く、自信もありました。
 今大会の全体の目標も「バイクラップ 01:05:00」にしていたので、その後のランのことは考えず、出来るだけ高いスピードを維持するために重たいギヤをガシガシ踏んでいきました。パワーメーターの数値は気にせず、ペダルを踏んだときの重さの感覚を重視して走りました。結果は「01:06:34」でしたが、T1でのタイムも含まれていて、メーター上の平均速度は「36.9km/h」だったので、目標達成とはなりませんでしたが個人的には満足しています。

【ラン10km 01:13:21】
 今回はバイクラップを重視していたので、ランは残っていない足でただただ10km走る(?)だけでした。実は、ランを効果的に走るには、バイクでの足の強さが重要になってきます。どんなにランの実力があっても、バイクでの足が弱いと、ランでその実力を発揮することが出来ないからです。今年、特にバイクの練習に力を入れていたのは、この理由のためでもありました。 
 自分の中では、「これだけバイク練習もしたし、多少は走れるのではないか?」という甘い想いもありました(笑)
 最初の2~3kmぐらいは心拍数がずーっと高いままで、それが落ち着くまでペースを落としたり歩いたりして、心拍数を下げるようにしました。軽めに走り出しても心拍数が安定してくると、出来るだけ狙ったゾーンから外れないように走ることを心がけました。あとは、どんなに遅くても、歩かないように集中して、淡々と走るだけでした。

 総合タイムは02:49:49でしたが、今回はバイクタイムを目標にがんばるつもりだったのと、そこそこのタイムがでたので、個人的には満足のいくレースだったと思っています。
大会公式サイトに結果が載っていますので、ぜひチェックしてみてください。お知り合いの方が出ているかも知れませんね。

ハスカップトライアスロン 公式サイト
 
 次戦は10月のIMハワイ世界選手権です!!人生で最大のレースになるであろう、そして一生に一回になるであろうレースです。ハワイのコースに関しては、かなり厳しいコースだと聞いていますので、とりあえず完走狙いで、3種目の練習をしっかりこなしていきたいと思います。
 

IMハワイ世界選手権 参加決定!!

こんにちは、テックスタッフの梅澤です。

かれこれ、2007年に始めたトライアスロンも、2018年で12年目を迎えました。毎年12月の「アイアンマン・西オーストラリア」をシーズン最大のレースとして、道内のイベントにも参加してきました。そのアイアンマン(以下IM)も完走回数が通算で10回以上を数えるまでになりました。

そして、2018年・・・、ついにアイアンマン世界選手権の切符を手にすることが出来ましたーっ
本来であれば、毎年、世界各地で行われているIMレースで年代別のカテゴリーにおいて成績上位の人に参加権が与えられるのですが、私の場合は完走回数で抽選権を得ることが出来る「レガシー・プログラム」に申し込みました。

この「レガシー・プログラム」ですが、申し込みには条件があります。
1:IMレースを12回以上完走していること(70.3は除く)
2:いままでIMハワイに一度も参加したことが無い。
3:申し込み年度の前年&前々年のIMを完走していること
4:申し込み年度にハワイとは別のIMレースにエントリーしていること

この4つの条件を満たしたうえで、スロット数200の抽選にかけられることになります。私は2017&2018と抽選に外れたのですが、「2018年エントリー済みのIMに完走すれば2019年のIMハワイは自動確定」というメールが昨年末に届いてました。

ところが、ところが先日、「2018年のレガシープログラムの権利が回ってきました」というメールが届きました
IMハワイ1-1

もー、びっくりしました(゚Д゚≡゚д゚)エッ!? 2019年だと思っていたIMハワイが、突然やってきました。レースは10月なので、半年しか準備期間がなく今回は辞退しよーかなーと考えていたのですが、辞退したところで来年も行けるかどうか分からないので、エントリーすることにしました
IMハワイ2-2

レース日は現地時間で2018年10月13日(土)
公式サイト(英語)

人生最大のレースになるのは間違いなし最高のレースが出来るように、短い準備期間ではありますが出来る限りのことはやって、レースに臨みたいと思います。

ALOHA☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚

IMWA 4日目 RACE DAY

こんにちわ、テックスタッフの梅澤です。
前回の3日目から間が開いてしまいましたが、4日目はレース日でした。レースを終えたのが遅かったのと疲労が溜まりすぎて、ブログを更新する体力がありませんでした・・・。

今回は、レースの模様についてあげたいと思います。

{スイム}
 今回のスイムは…、サメが出たのでキャンセルになりました!!・゚・(ノД`;)・゚・
詳しく言うと、フルディスタンスの前にハーフディスタンスの選手が先にスタートしてるのですが、そのハーフのレースでサメが出ました。ジェティー(桟橋)の先端から約200mぐらいのところに2匹のサメが出たと言うことで、ハーフの選手が途中で引き上げられました。
 そして、フルディスタンスの選手はビーチからT1に向かうところから2人ずつのローリングスタート形式になりました。この時点で、エイジ選手のスタートがAM8:00となり、およそスイムを1時間で泳いだという計算になり、私のスタートは8:30ぐらいだったと思います。
 このタイムではいつもと同じくらいなので、最終的なフィニッシュの時間は変わらないなと予想していました。

{バイク}

 T1からのスタートとなり、いつものトライアスロンとは異なる体力がフルにある状態でのバイクでした。はやる気持ちを抑えて、パワーメーターを見ながらペースを守って…、とは行かず、序盤からオーバーペースな数値が出ていました。「これではイカン!!」と思いながらも、うまく制御することが出来ず、そのまま踏み続けていました。
 とりあえず1周目(90km)を終えて、スペシャルニーズに預けたドリンク類を受け取りにいきました。ここでびっくりしたのが、「預けたドリンクがHOTになってる!!w(゚o゚)w オオー!」ということでした。この日の気温は34℃もあり日差しも強く、非常に暑いなかでのレースでした。エイドステーションで渡されるドリンク類も全て温かくなっていて、気温とドリンクの温度で熱中症みたいな状態になり、110km地点あたりで、完全にペダルを踏む力が無くなり、足が攣ったりして何度もストップしました。
 また、2周目の途中で、コース上に山火事が発生して、コースがショートカットという事態もありました(私より先を走っていた選手は、フルで走っていました。)

 各エイドステーションで、同じように熱中症になって座り込んでいる選手を何人も見ましたし、救急車を何度も見かけるというサバイバルレースの様相を呈していました。今までのレースでもリタイヤが頭をよぎりましたが、今回のレースが一番リタイヤに近づいた気がしました。それでも制限時間までは時間があったので、体を冷やし水分を取って、「ランまで行けば、何とかなるかも」という気持ちで走り続けました。

{ラン}
 やっとの思いでバイクを終えることが出来ましたが、補給をまったく受け付けない身体になってしまったワタシの体に、ランを無事に走りきるほどの力もなく…、「でも、ランのエイドは2kmごとだから、とりあえず1つずつクリアしていけばいいか」と思い直し、歩を進めました。
 ランコースはジェティーの周辺を往復する4周回のコースになっていて、中心となるジェティーには公園もありたくさんの観客が応援してくれました。「カズヨシ~、ガンバッテー」と日本語で応援してくれるオージーもいて、非常に励みになりました。「あそこまで行けば、あの応援団が待っている。あそこまでガンバロウ!!」という気持ちにさせてくれるのが、この大会の良いところでもあります。

 1周目と2周目はチョコチョコ走っていたのですが、3周目から足裏が痛くなりほとんど走れず、4周目は全部歩いてしまいました。それでも、最後の制限時間には間に合うということは分かっていたので、とにかく前へ前へと進みました。

 いつもなら最後の4周目を終えて、最後のラップを終えることを意味するバンドを貰ったときに大喜びするのですが、今回はとにかく疲れすぎてて、喜ぶ体力がまったくありませんでした。フィニッシュゲートに入ったときも、「やっと終わる~」という気持ちのほうが強く、大きなガッツポーズをする余裕も有りませんでした。それでも、遅くまで応援してくれた観客の人たち1人1人にハイタッチをしてフィニッシュの余韻に浸り、MCの方も「You are an IRONMAN!!」と盛大に祝福をして、大きなハイタッチとガッツポーズをしました。

これで、11回連続IMWAを完走したことになりましたが、今回のレースは反省することだらけでワースト3に入るくらい残念なレースでしたが、色々と勉強になりたくさんの収穫があったレースだったとも思います。この苦い経験次回のレースで活かして、次は納得のいくレースをしたいと思います。また来年も出るぞぅ~!!☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

最後までお付き合いいただきありがとうございました(⌒-⌒)

IMWA 3日目

こんにちは テックスタッフの梅澤です

3日目の今日は、午前中にアイアンキッズを見て、午後からバイクギヤ&ランギヤの預託をしてきました。
まずアイアンキッズの人の多さにビックリ!!さすがオーストラリア、世界チャンピオンを何人も輩出してるだけあって、キッズレースも大人気で、将来有望な子供たちが沢山いるかもしれませんね〜〜。
レースコースやトラジションもアイアンマンの方と同じコースを使っていました。子供たちも真剣な感じで、本気度が高いです



午後からは、バイクギヤとランギヤの預託です。レース当日に使うものを、それぞれの袋にまとめて、番号の書いてあるラックにぶら下げます。
今年はレジェンド扱いなので、バイクラックはプロ選手の向かい、バイクEXITのすぐそばになりました。場所が非常に分かり易くなったので、トラジション エリアで自分の自転車を捜索する必要もないですね(?)
いよいよ明日がレース本番となりました。1年の練習の成果が発揮できるように、頑張りたいと思います。明日は楽しむぞっ!!
Are you ready to Rock n’ Roll 

IMWA 1日目

こんばんは、テック スタッフの梅澤です。

昨日の早朝から移動を始め、シンガポー本日の10時頃にレース会場の街である西オーストラリア州バッセルトンに到着しました


今日の主なイベントは選手登録です。

今年からIMWAレジェンドとしての参加なので、待遇が少し変わりました

まず受付がレジェンド レーンになって優先的に受付することができます。


次に変わったのは、BIBナンバーとその色です。BIBナンバーは今まで3〜4桁の通し番号でしたが、レジェンドは完走回数とレジェンド全体のなかで何番目のなのかを表す数字で示されます。

私の場合は「10ー029」となります。そして背景色が、ゴールドに変わりました‼️

コレはテンションあがりますっ



今日のトピックはこの辺りです。

この他に移動中に撮った写真や、エキスポの写真を載せておきます










さっぽろ雪まつり

こんにちは、テックスタッフの梅澤です。

 2/7(火)に雪まつりに行ってきました。去年も行ってきましたが、子供の頃とは楽しみ方も変わって、大人になってから行くのもなかなか楽しかったですよ‼︎
 大通には大きなジャンプ台もあって、この日はモーグルセッションが行われていました


 
大雪像もこの通り
ファイナルファンタジー7
「セフィロスvsクラウド」
台湾「台北賓館」
コレは氷像ですよ
フランス パリの「凱旋門」
ツールドフランスでおなじみですね〜
♪oh シャンゼリゼ〜 oh シャンゼリゼ〜
カップヌードル滑り台
あっ、具がこぼれてる
映画「スターウオーズ」
こちらは市民雪像
ペンとアップルを合体させる方
国際コンクール部門はまだ製作中
TEAM AUS🇦🇺「オペラキドナ」
シドニーのオペラハウスと、オーストラリアに生息するハリモグラ「エキドナ」の合わせ技です。完成が楽しみですね
おまけ
今だけリミテッドの「BOSSの湯」
手湯と足湯で暖まることができます(入浴料¥100
限定ハンドタオルと新発売の缶コーヒーがもらえました
雪像だけでなく、北海道グルメや外国料理も楽しめるゾーンもあるので、大人になってからでもすごく楽しめます。
 寒くて外に出るのが億劫になりがちですが、この機会にぜひ行ってみて下さい。
地下歩行空間では、冬季アジア大会のアピールもやっていますので、用具の展示やバイアスロンの射撃体験も楽しめますので、こちらもぜひ行ってみて下さい‼︎

2016 IMWA 完走&表彰式

こんにちは、テックスタッフの梅澤です。

先の2016IMWAレースレポートの続きで、今回はフィニッシュ前と翌日の表彰式にの様子をお伝えしたいと思います。

ランで脚が攣っていたものの「完走は大丈夫」と思っていましたが、実際は40km地点を過ぎるまでは完走も怪しいかなとおもっていました。ほとんど走れず痛みで歩いてばかりだったので、ペースが上がりませんでした。

とりあえず時間もあることだし、「行けるところまでは行く」という精神で前へ進みました。日が沈み辺りは真っ暗になりましたが、なんとか40km地点を越え最後の折り返しを過ぎたところで、フィニッシュの実感がわきました。
 まだ応援してくれた観客とハイタッチをして喜びを爆発させて、フィニッシュラインへと進みます。

「You are an IRONMAN!!」とコールを受けてフィニッシュラインを越えました。これで10回目の完走ですが、何度走っても、体は辛く、フィニッシュはとてつもなく嬉しい瞬間でした。
141_3rd-626142-DIGITAL_HIGHRES-1566_094195-5835154133_3rd-626142-DIGITAL_HIGHRES-1566_086416-5835146140_3rd-626142-DIGITAL_HIGHRES-1566_090671-5835153

そして、レース翌日には表彰式です。今回の完走で、IM西オーストラリアを10回完走しましたので「IMWA レジェンド」として、表彰されることになりました。今年の表彰式は、レストランを借りきって屋外で行われました。天気がよかったので、とても気持ちがよかったです。

 今年は表彰台に立てるかもしれなかったので、目立つようにと浴衣を用意しました!! 今年、10回完走を達成した人は6人しかいませんでした。そのうちの一人になったのはすごくうれしかったです。「継続は力なり」ということを実感しました。これからも、アイアンマンを続けていきます!!

また、来年のエントリーも始まっています。海外アイアンマンに興味がある人は、ぜひ梅澤までお問い合わせください!!

2016IMWA2016IMWA02
IMG_1689IMG_1716

2016 IMWA レースレポート

こんにちは、テックスタッフの梅澤です。

12月4日に西オーストラリア州バッセルトンで行われました「アイアンマン・西オーストラリア」に参加して、今年も無事に完走しました。これで10回目の完走となりました!!

簡単ではありますが、レースの様子を報告したいと思います。

スイム 3.8km 01:10:42
 コースは例年通りの名物「バッセルトン ジェティー(桟橋)」沿いに往復するレイアウト(画像はスタート地点付近)。
 去年の大荒れの海とは違い、今年は例年通りの穏やかな海でとても泳ぎやすかったのですが、スタートから半分ぐらい過ぎたあたりで波が立ってきて、それまでスムーズに泳げてたのがややブレーキがかかったような感覚になりました。

折り返しを過ぎても、そこから桟橋の半分までは波が立っている状態でしたが、行きが桟橋で打ち消されてやや大人しかったのですが、帰りはモロに波の影響を受けていたので泳ぐのが大変でした。
 
 
 それでも岸に大きな木が立っていて、それを目印にまっすぐ泳ぐことはできました。 
image

バイク 180.2km 05:59:04
 今年のコースは90km×2周回になり、郊外の区間で舗装が荒く周りに木々が無い区間が約20kmもあるというタフな区間が増えました。登りは全く無く、180km全区間が平坦という超高速コースです。「平坦だから楽勝!!」と思ってはいけません。実は平坦はまったく脚を休める区間が無いのです!!登りがあるコースであれば、下りで休めることができるのですが、平坦で脚を止めると自転車も止まってしまうので、180kmずっと脚を回していかなければなりません。

 気温は25℃程度で午前中は風もほとんど無くとても走りやすかったですが、郊外に出ると舗装の荒い区間でスピードが落ちてしまって、ついペダルを踏んでしまうので、体力が徐々に奪われて行きました。
 最初の1周は2:45:00くらいで終わらせることができたのですが、体のほうの疲労が溜まっている状態だったので同じペースを保つのは厳しいかなと思っていました。練習不足や11月からの雪で練習が思ったようにできなかったことも挙げられるかと思います。2周目からは風も出てきて、今までのペースを保つのも体力を使うし、パワーも落ちてきてるのもメーターで分かりました…。
  

 今回の補給食はジェルを30分に1袋、ドリンクは10分に1口で、固形物が欲しくなったらエイドステーションでバナナをもらうという作戦で臨みました。最後まで集中力が保てたので結果としては当たりだったかと思います。しかし、舗装の荒い区間でペダルを多く「踏んで」しまい、最後は脚が売り切れて痙攣を起しかけていました。
image129_3rd-626142-DIGITAL_HIGHRES-1566_072447-5835142

ラン 42.2km 06:14:20】
 バイクを終えてT2で着替えを済ませてランをスタートすると、調子よく脚が動いていたので「バイクで攣りかけていた脚の影響は少ないかな?」と思っていました。時計を見ると5:20/kmぐらいのペースを示してたので「そんなに早く走らなくてもいいんだ」とおもってペースを落として走っていたら、最初の200mでギリギリの脚が攣って、痛みで全く動かなくなりました(涙)

 とりあえずエイドステーションまで歩いて、氷をもらって冷やしたり、叩く&揉むなどで対処してました。硬直が収まれば走りだしますが、また痙攣する。これの繰り返しで、全くペースが上がりませんでした。走っているときは6:00/kmぐらいでしたので、痙攣してたことが本当に悔やまれます。

 ランの失速の原因はこの痙攣にありますが、伏線はバイクでの脚にあったと思います。バイクの脚が強くないとランに大きな影響を与えることを、痛切に実感した大会でした。来シーズンの課題にしようと思います。
112_3rd-626142-DIGITAL_HIGHRES-1566_033621-5835125121_3rd-626142-DIGITAL_HIGHRES-1566_060765-5835134