CYCLE FACTORY

札幌市西区の自転車屋・サイクルファクトリー。 パーツも豊富に在庫!修理もおまかせ!


CANNONDALE(キャノンデール)・GIANT(ジャイアント)・PINARELLO(ピナレロ)・BIANCHI(ビアンキ)・ MAVIC(マビック)・COLNAGO(コルナゴ)・SCOTT(スコット)取扱店


ノーパンクタイヤについて

最近、よく耳にするのが『パンクしない自転車』というフレーズ。
まさに理想の自転車のように聞こえますが、実は曲者です。

店長自身が過去に使用していた事もあり、十分に特性は理解しているつもりです。
当店では以下の理由により、取り扱いをしておりません。

<重量が重い>
空気に変わりに、ゲルやウレタンを使用するため重量がかなり重くなります。
通常の婦人車サイズで2kgほど重くなります。
この重量増は人力で走る自転車にとっては、非常に大きいものです。

<乗り心地が悪い>
空気入りタイヤに比べ、乗り心地が悪くなります。
ゲルのタイプは硬く感じられ、ガタガタ感がかなり苦痛に感じられます。
また、自転車本体へのダメージも大きく、車輪(スポーク)はすぐに破損してしまうくらいです。
発泡ウレタンのタイプは経年劣化が激しく、一年程度でへたりが出てきます。

<コストが高い>
交換の度に通常のタイヤ&チューブ交換の代金+約7〜8000円かかります。
ランニングコストの面から考えると、圧倒的に空気入りタイヤの方がお得です。

<メリット>
もちろんノーパンクタイヤにはメリットもあります。
やはり、パンクしないというのは最大のメリットと言えるでしょう。
また、空気圧の管理をしなくても良いというのもラクですね。

当店ではパンクする可能性があろうとも、空気入りのタイヤをお勧めいたします。
それは心がけ一つで未然に確率を下げることができるからです。
(参考:パンクについての予備知識)

どちらがお客様の使い方に合っているかを検討いただき、ご選択ください。

上記をお読みの上、ノーパンクタイヤをご希望のお客様は、当店で扱っていない為、他店にお問い合わせください。